カードローンの基礎

カードローンとキャッシングの違いとは?損しないためのお金の借り方

出費が続いてどうしてもお金を借りなくてはならないとき、手元にあるクレジットカードでキャッシングをしてお金を借りることができますよね。

そこであなたはこんなことを考えたことはありませんか?

この記事ではクレジットカードのキャッシングとカードローンの違いの比較、そしてどちらを使うほうが私たちにとってお得なのかを解説しています。

キャッシングとはお金を借りるサービスのこと

カードローンもキャッシングもどちらもお金を借りるサービスです。

本来キャッシングとはお金を借りることを意味し、その中に「カードローン」と「クレジットカードに付いているキャッシング機能」の二つのサービスが存在します。
一般的に言われるキャッシングとはクレジットカードについているキャッシング機能のことを指します。

クレジットカードのキャッシングとは

普通クレジットカードには買い物で使える「ショッピング利用枠」と、現金を借りる「キャッシング利用枠」の二つのサービスがついています。
※キャッシング利用枠は事前に申し込みをする必要があり、審査に通ると利用することができます。

例えば私が使用しているエポスカードでは、ショピング利用枠と別でキャッシング利用枠があります。
私の場合、合計50万円までクレジットカードで支払いサービスが受けられ、その内20万円まではクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることができます。

ただし、キャッシング利用枠はクレジットカードのショッピング利用枠の中に含められているので、クレジット払いが多いとキャッシングできる金額が少なくなります。

例えば、私の場合ショッピング枠で40万円使った月はキャッシング枠は10万円になります。

支払い方法と利息の計算方法

支払方法は基本的にクレジットカードの引き落としと同じ翌月一括払いになります。

大きな金額をキャッシングすると翌月の支払いで返済額が重くのしかかることになるので、クレジットカードのキャッシングは翌月一括で返済できる程度の「ちょっとだけ現金が必要」な場合に利用します。
※リボルビング払いを選択することも可能です。

またキャッシングはクレジット払いと違い利息(利子)が発生します。
クレジットカードのキャッシングは金利が18%で設定されていることがほとんどで、利息の計算方法は

    借りた金額×金利×返済までの日数÷365

で計算することができます。

例えば金利18%で1万円をキャッシングし、30日後に返済した場合の利息は
10,000円×0.18×30÷365=148円
になります。

カードローンとは

カードローンもキャッシングと同様お金を借りるサービスです。
使い方はクレジットカードのキャッシングとほとんど変わりません。

カードローンがクレジットカードのキャッシングと異なるのは
・金利
・返済方法
・利用限度額
の3点になります。

金利

キャッシングとカードローンの金利を比較すると、キャッシングの金利はカードローンより高く設定されています。

下の表は3大メガバンク、消費者金融、キャッシングそれぞれの金利をまとめたものです。
(表に記載している金利は100万円以下の借入時を想定)

 企業名・商品名金利
銀行系カードローンみずほ銀行※年14.0%
三井住友銀行カードローン14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック13.6%~14.6%
消費者金融系カードローンプロミス17.8%
アイフル18.0%
SMBCモビット18.0%
アコム18.0%
キャッシング三井住友VISAカード18.0%
楽天カード18.0%

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

表を見てみるとキャッシングは金利が18.0%に設定されているのに対し、カードローンは3大メガバンクの一つであるみずほ銀行が年14%の金利で最も低くなっています。

この4%の差がどれくらいのインパクトを持っているのかは「金利差4%が与える影響」の章で後述します。

返済方法

2つ目の違いは返済方法です。
クレジットカードのキャッシングは翌月一括払いが基本ですが、カードローンはリボルビング払い(要は分割払い)が基本です。

例えば、

  • 新しくノートパソコン10万円とスーツ5万円、革靴3万円を購入した場合、翌月18万円を一括で支払うのは困難なので、毎月2万円ずつ分割で支払いたい
  • 結婚式が続いて次の給料日までちょっとお金が足らない

という場合にカードローンが役立ちます。

 

実はキャッシングやクレジット払いでも同じようにリボ払いで支払うことは可能で、それぞれの違いは金利だけです。

それぞれ

種別金利
カードローン(みずほ銀行カードローン)※年14%
クレジットカードのリボ払い15%
キャッシング18%

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

となっています。

利用限度額

3つ目の違いは利用限度額です。

カードローンはキャッシングに比べ利用限度額が高く設定されています。

種類企業名・サービス名利用限度額
カードローン三井住友カードローン800万円
みずほ銀行カードローン800万円
アコム800万円
三菱UFJ銀行カードローン500万円
プロミス500万円
アイフル500万円
キャッシング三井住友VISAカード300万円
楽天カード50万円

ただし、現在は総量規制という制度があり、一部の例外を覗き年収の1/3以上の借金ができないようになっています。

総量規制について詳しくしちライ方はこちらの記事を確認ください。

カードローンとキャッシングの違いを比較 どっちがお得?

以上3つの違いをまとめると以下の表のようになります。

 カードローンキャッシング
金利低い高い
返済方法リボルビング払い一括払い
利用限度額多い少ない

以上の結果を踏まえ、キャッシングとカードローンの使い分けをどうするべきかをまとめます。

  • キャッシングを使うのは、翌月一括払いで支払える少額の借入のみ
  • カードローンを使うのは、一括返済が困難でリボ払い、分割払いを考えている場合。

逆に言うと、現在キャッシングを一括払いではなくリボ払いで返済している人は、カードローンを申し込んでそちらを使用することを強くおすすめします。

金利差4%が与える影響について

なぜリボ払い、分割払いをしている人はカードローンを使用した方がいいのかを解説します。

キャッシングはほとんどの会社で金利が18%で設定されています。

カードローンはカード会社によって変わりますが、3大メガバンクで最も金利の低いみずほ銀行の場合、金利は※年14%で設定されています。

この4%の差がどれくらいのインパクトを持っているのかというと、
例えば、5万円を借りて月一万円ずつ返済する場合の利息は、

金利利息
18%2377円
14%1826円
差額約500円

となります。

さらに、借入額が多くなり、例えば20万円を毎月一万円ずつ返済する場合

金利利息
18%39565円
14%29076円
差額約1万円

となります。

全く同じサービスを使っているのに、一万円の差額がでるなんてもったいないと思いませんか?
借入額がもっと多かったり、毎月の返済額が少なかったりするとこの差はさらに大きくなります。

どうしても一括払いができない金額は借入するときは、金利の少ないサービスを選ぶようにしましょう。

ちなみに金利が低いサービスを選ぶなら、おすすめは3大メガバンクで一番金利の低いみずほ銀行カードローンです。

 

おすすめのカードローンは?

最後に、あなたの条件に合ったカードローンが選べるよう、こういう場合にはこのカードローンがおすすめ!というものをまとめたので、カード選びの参考にしてください。

申込まで時間がかかってもいいから金利が安いカードローンを選びたい方

みずほ銀行カードローン

上の表からもわかりますが一番金利が安いです。

30日以内で返済できる予定の方

プロミス

プロミスは申込翌日から30日間は借入額に関係なく30日間無利息で貸し出しをしています。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
30日以内に返済できるメドが立っている場合はこちらを利用してみてはいかがでしょうか。

すぐにお金が必要!な方

プロミス

カードローン・キャッシングが今後のローン審査に与える影響について

ここで、カードローンやキャッシングをすると信用情報に傷がつき住宅ローンが組みづらくなるのでは?と不安を抱えている方がいると思いますので、カードローン・キャッシングが今後のローン審査に与える影響について解説します。

カードローンを借りると信用情報に傷がついて今後住宅ローンを組むのが難しくなると思われている方がいますが、お金を借りるだけで信用情報に傷がつくことはありません。

  • カードローン・キャッシングに申し込む=信用情報に傷がつくはウソ
  • カードローンを利用中に住宅ローンの審査が通りづらくなるはホント

カードローン・キャッシングに申し込む=信用情報に傷がつくはウソ

各銀行・カード会社は「この人はお金をちゃんと返してくれる人なのか?」をチェックするために個人の信用情報を管理する信用情報機関というものに加盟しています。

信用情報機関は

  • CIC(シーアイシー)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • 全国銀行個人信用情報センター

の3つの機関があり、各金融会社はいずれか、または複数の機関に加盟しています。

細かな話は省きますが、この機関では
この人はいつどんな借入をし、返済状況はどうなっているか
のデータを保管しています。

カードローン・キャッシングを申し込んだという情報もこの信用情報には記録されますが、それが信用情報の傷になるわけではありません。

カードローン・キャッシングで信用情報に傷がつくのは返済に延滞が起きた場合になります。
1、2日の延滞で傷がつくことはなく、一般的には61日以上の延滞が起きた場合に信用情報に記録が残ります。

ただし、何日の延滞で信用情報に記録が残るかは各会社によって異なりますし、数日の延滞でも数ヶ月続けて延滞が起きた場合には信用情報に記録が残ることもありますので、くれぐれも延滞には気をつけてください。

カードローンを利用中に住宅ローンの審査が通りづらくなるはホント

カードローンを作ると信用情報に傷がつくというのはウソですが、お金を借入している間は住宅ローンの審査が通りづらくなるのはホントです。

この時確認されるのは主に2点です。
・どこの金融機関から借入しているか
・現在の借入の合計金額

どこの金融機関から借入しているか

上でも見ましたが、消費者金融(アコム・プロミス・SMBCモビット)のカードローンは銀行のカードローンよりも金利が高めに設定されています。(その分審査が軽かったり、審査の結果が早くわかるというメリットもあります)

銀行側からすれば返済能力の確認のため、なぜ高金利の消費者金融からお金を借りなければならなかったのかを確認する必要があります。
この段階で借入状況に問題あり(複数の会社から借入している、借入を繰り返している、など)と判断されてしまうと、審査を通ることができません。

借入中のカードローンの利用限度額はいくらか

次に確認されるのが、カードローンの借入限度額です。
銀行は融資する人の返済比率というものをチェックします。

返済比率とはその人の年収に対する受託ローンを含めた全借入金の年間返済額の比率のことです。
この返済比率が年収の1/3に収まるかが審査で確認されるポイントです。

例えば年収360万円の人は年間返済額は年収の1/3にあたる120万円までとされます。
すでに借入限度額20万円のカードローンを利用中の場合、実際に借入ている金額が5万円でも20万円借入ていると想定され審査されます。

なので、住宅ローンの年間返済額が100万円(120万円-20万円)を超える住宅ローンの場合審査が通りません。

これが世の中でカードローン・キャッシングを申し込むと住宅ローンの審査が通らなくなると言われる所以です。

自分はそんな大金を借入ていないと思っていても、カードローン・キャッシングの借入限度額MAXの状態で計算されてしまうので、近々住宅ローンを組もうと思われている方は利用限度額を小さいプランで申し込むようにしてください。

ちなみに、カードローンを完済し終わって現在は借入が0の場合でも、審査に影響しないという銀行と影響するという銀行があるようです。

この時審査に影響を与えるのも借入限度額で、たとえ完済後お金を借りていなくても限度額MAXで借入している状態と判断されてしまう場合があります。
先ほどの例で言えば、お金を借りてなくても20万円借りている状態で審査されてしまうのですね。

なので、住宅ローンを組む時は1度カードローン・キャッシングは解約した状態で審査に臨むようにしましょう。

カードローン・キャッシングが住宅ローンへ与える影響についてより詳しく知りたい方はこちらの記事をご確認ください。

まとめ

結局のところ、カードローンとキャッシングの違いは金利と支払い方法の二点ですが、サービスの多様化によって両者はほとんど同じようなサービスとなっていますが、消費者にとっての両者の違いは

  • 銀行系のカードローン
    • 金利が比較的安い
    • 新しく住宅ローンなどを組もうと思った場合も消費者金融より審査への印象が良い
  • 消費者金融系のカードローン
    • 審査時間が短い
    • 銀行カードローンより審査の基準が甘い
    • 30日間無利息・5万円以下は180日無利息という条件によってはお得なサービスを提供
  • キャッシング
    • 金利は若干高め
    • 返済方法は一括払い

になります。
以上の特徴を踏まえ、あなたの状況に一番適した方法でお金を借りてみてください。

カードローンの基礎