税金を滞納して銀行預金が差し押さえ!カードローンは? | マネッティ
カードローン豆知識

税金を滞納して銀行預金が差し押さえ!カードローンは?

税金を滞納して銀行預金が差し押さえ!カードローンは?

税金を滞納しているとします。
当初の督促の状態を過ぎると、税務署(税金によっては区や市の税務課などの場合もあります)があなたの銀行預金を差し押さえます。
では、同じ銀行で使っているカードローン。それは一体どうなるでしょう?

カードローンと税金の差押は無関系

税金の差し押さえ自体は、カードローンと何の関係もありません。カードローンそのものを延滞していなければ銀行はカードローンの停止はしないのです。

しかし、影響が全く無いわけではありません。あなたには「要注意」のフラグが立ってしまいます。カードローンの増額や新規借入が難しくなるのは間違いありません。

また、税金滞納ではいきなり差し押さえが銀行に来るのではありません。事前に「預金調査」のようなものが来ています。銀行側はそれが来ると「このお客はちょっとまずいのでは…」と判断します。「要注意」フラグが半立ちな訳です。税金の遅れが思わぬ方にも影響しますので、要注意ですね。

ただし、税務署が情報を持っていなくて、差し押さえや調査が来ない銀行には何も悪い情報が来ません。税務署にバレていない銀行があれば大丈夫かも(バレると大変ですけど)。