返済プラン

借金をまとめる方法

借金のまとめ方

いくつものカードローンを持って、返済しても中々残金が減らないと悩んでいる方。いつまでもこのままではいけません。なんとか手を打たないと、大変な事になりますよ!

「でも、債務整理や法的な整理(自己破産など)をすると、今後の生活に支障がでる…。」と中々踏み出せないかもしれませんね。

大丈夫、打つ手はあります。”借金をまとめる”という方法です。

まとめるメリット

“借金をまとめる”とは、「別のローンを使って今あるローンをまとめる」ということです。
なんだ借金は減らないのか、と思わないで下さい。そもそも、借りた物を返さなくていいようにする、なんて都合の良い方法は自己破産くらいしかないのです。デメリット、リスクと裏返しなのですよ。

借金をまとめるメリットは、

  • 返済を一本化することで、毎月の返済額を減らす。
  • 計画的に借入額を減らしていく(返済していく)。
  • 金利や期間などの借入条件を良くできる

などの、可能性がある点です。

まとめる方法

借金をまとめるには、「おまとめローン」、「高額のカードローン」、「有担保・無担保のローン」などのローンを使ってまとめることが出来ます。
この3つはそれぞれ内容が異なります。

おまとめローン

この中で一番使いやすくてオススメなのは、おまとめローンです。

実は、通常ローンの資金使途(使い道)は「他社借り入れの返済資金は除外」されているのですが、おまとめローンは他社債務返済が資金使途になっています。
まさに、おまとめローンは借金をまとめるためのローンなのです。

▼おまとめローンの詳細やオススメについては、こちらで解説しています。
 → おまとめローンって何?

高額カードローン

高額のカードローンを使って、複数のカードローンを1本にまとめる方法もあります。

例えば50万円のカードローンを4つ持っているなら、200万円のカードローンを作り、それを使って返済します。返済額は少し減る可能性がありますし、高額カードローンは金利も低めになっています。何より、返済日や返済方法が一本化されるので楽になる上、返済忘れなどの防止にもなります。

借り換え用のカードローンであれば、楽天銀行 MYONEがオススメです。

有担保・無担保のローン

有担保・無担保のローンを使うのはちょっとハードルがあります。一般的に資金使途自由のフリーローンはあくまで消費資金用の融資であって、債務返済資金用ではありません。

無担保フリーローンでまとめる場合は、ズルイようですが資金使途は正直にしない方がいいかもしれません。

有担保のローンは、当然担保物件(土地や預金、証券など)が必要ですが、金利が一番低くできる方法です。おそらく5%くらいで借りられるでしょう。
ただ、土地を担保に入れるには費用が掛かるので、申し込むのであればその辺りもきちんと相談しておきましょう。

その他にも、親族や知人から借りてまとめる、という方法ありますが、これは全くオススメしません。
人間関係にお金が絡むとろくな事がありません。ちょっとしたお金の貸し借りでも、嫌な思いをしたことありませんか?
やはり、金融機関から借りて、返済をしていきましょう。

ただし、どの方法を取ったとしても、今よりも返済額が減るとは限りません。逆に増える可能性もあります。
でも、もし返済額が増えたとしても、最初のメリットに挙げたように、毎月きちんと残金が減っていくのですから、やる価値は十分にありますよ。

1つだけご注意を。悪徳業者からは絶対借りてはいけません。
ブラックOK、低金利で借り換え、来店不要などなど、甘い言葉で誘うのはかなりの確立で悪徳業者です。
詳しいことは「悪徳業者の手口」で解説しています。

返済プラン